横浜でひげ脱毛

横浜@ひげ脱毛ランキング!について

横浜でのひげ脱毛についてランキングをご紹介してみたいと思います。

 

ひげ脱毛を横浜でやりたい人は必見ですよ。

横浜でヒゲ脱毛をするならサロン?それともクリニック?

もし横浜でヒゲ脱毛をしようと思ったら最初にどこのサロンや病院でしようと思いますか?

 

横浜にはヒゲ脱毛が出来るサロンやクリニックはたくさんあるので迷ってしまいますよね。

 

果たしてどこでヒゲの脱毛をするのが自分にとって一番良い選択になるのでしょう?

 

インターネットにはヒゲ脱毛に関する様々な口コミや体験談が転がっていますが、あくまでも匿名の方の意見が多いので信憑性が疑わしいですよね。

 

そこでヒゲ脱毛を脱毛サロンで行った場合と、病院系の脱毛クリニックで行った場合のメリットとデメリットについてお話したいと思います。

 

まず脱毛サロンでヒゲ脱毛を行った時のメリットからいきましょう。

 

脱毛サロンで脱毛を行う時は「光脱毛」という手法で脱毛しますが、この「光脱毛」は比較的安値で施術することが出来、また1度に広範囲の脱毛を行うことが出来るので、施術時間が比較的短く出来ます。

 

またこの「光脱毛」は個人差もありますが、施術時の痛みもさほど無いので、痛みに弱い男性の方でも手軽にヒゲ脱毛を行うことが出来ます。

 

逆にデメリットは脱毛サロンの「光脱毛」の仕様でどうしても脱毛効果が弱いため、ヒゲ脱毛が完了するまでにかなりの時間や回数がかかってしまいます。

 

また口周りの肌が日焼けしている状態や肌荒れが起きている時はヒゲの脱毛が出来ない場合もあります。

 

その場合は病院の皮膚科とかに1度相談してみましょう。

 

次に病院等が運営している脱毛クリニックのメリットですが、まずは医師による医療レーザーでの施術が出来るので、脱毛サロンよりも遥かにヒゲの脱毛効果が高くなります。

 

次に強力な医療レーザーでの脱毛になるので、回数が比較的少な目でヒゲ脱毛が完了させることが出来ます。

 

また病院が運営しているので、万が一脱毛後に肌荒れ等のトラブルが起きた場合も迅速に対応してもらうことが出来ます。

 

逆にデメリットですが、最近は数年前と比べたらかなり安くなったのですが、それでも脱毛効果の非常に高いヒゲ脱毛を行うことになるのでそれなりの費用がかかってしまうことです。

 

次に医療レーザーの特質上、どうしてもレーザーを鼻下等に当てた場合、それなりの痛みが来てしまいます。

 

あと最後にクリニックは病院が運営しているため、サロンに比べて営業時間が短い場合が多いです。

 

これらを踏まえてどこでヒゲ脱毛をするのかを考えてもらえたらと思います。

横浜でヒゲ脱毛が出来るサロンの選び方

横浜にはたくさんのヒゲ脱毛が可能な脱毛サロンや病院・クリニックがあります。

 

そしてネットには各サロン・病院・クリニックの口コミレビューがたくさん転がっていますが、個人によって脱毛の仕上がりや出来は異なってくるため、口コミのレビュー内容も十人十色です。

 

そこで一体何を信じれば分からないという方向けに、横浜でヒゲ脱毛が可能な脱毛サロンの選ぶポイントについて伝授したいと思います。

 

1.自分が行いたいヒゲ脱毛は光脱毛かレーザー脱毛か

 

基本的には脱毛サロンでは光脱毛、脱毛クリニックではレーザー脱毛はで行うことが出来ます。

 

1回のヒゲの脱毛を安価で素早く済ませたいのなら光脱毛、多少お金はかかってもいいので確実にヒゲを無くしたいのであればレーザー脱毛がオススメです。

 

 

2.無料体験・体験コースが用意されているか

 

男女問わず初めての脱毛の際には知らないことばかりなので戸惑うことも多いかも知れません。

 

ましてやサロンやクリニックの脱毛コースは基本的にどれも高額なので、契約する際もかなり慎重になると思います。

 

しかしもしそこで脱毛コースの無料体験、安値の体験コースが用意されていれば、そのサロンの雰囲気や接客対応等、実際に体験してみないと分からないこともたくさん見えてくるので絶対にオススメです。

 

ですので脱毛サロンを選ぶ際はまずはいろんなサロン・クリニックに脱毛体験巡りをしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

3.潰れそうなサロン・クリニックでは無いかどうか

 

最近はあまり聞かないですが、一昔前はそこそこ名の知れたサロンでも倒産するということがありました。

 

基本的に病院系のクリニックは潰れることはほぼないですが、脱毛サロンの中でこういった傾向が見えて来たところは注意が必要です。

 

例えば少し前まで過剰なぐらいに広告で露出していたのに、最近パタリと見なくなったりしたら注意が必要です。

 

もしその倒産するサロンが日本エステティック業協会に加盟していれば、他のサロンで最低限のコースは継続出来るのですが、それでも出来る限りは貧乏くじは引きたくないですよね。